GAS(Google Apps Script)を始めたので、基本的なことからメモしておきます。GASはJavaScriptでGoogleサービスを自由に制御できるので便利ですね。

以下、任意のスプレットシートの値を読み込みます。

function readRows() {
  // URLを利用してスプレットシートを読み込みます
  var sheet = SpreadsheetApp.openByUrl("https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=********");
  var rows = sheet.getDataRange();
  var numRows = rows.getNumRows();
  var values = rows.getValues();
  for (var i = 0; i <= numRows - 1; i++) {
    var rows = values[i];
    Logger.log(row);
  }
};

これを実行すると、シートの利用中のセルを全部列挙してくれます。

ログの実行結果:

[13-06-29 11:04:00:004 HKT] [A1, B1, C1]
[13-06-29 11:04:00:004 HKT] [A2, B2, C2]
[13-06-29 11:04:00:004 HKT] [A3, B3, C3]
[13-06-29 11:04:00:005 HKT] [A4, B4, C4]

任意のセルの値だけが欲しい時:

var sheet = SpreadsheetApp.openByUrl("https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=********c#gid=0");
var v = sheet.getRange("C3").getValue();
Logger.log(v);

シートからgetRange()で範囲を取り出して、getValue()で値を取り出すという流れです。ExcelのVBAと近いので、とっつきやすいです。

では、書き込みはどうでしょうか?

// 大域変数もちゃんと使える
var sheetUrl = "https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=******";
// 書き込みテスト
function writeTest() {
  // 任意のシートを開き
  var sheet = SpreadsheetApp.openByUrl(sheetUrl);
  // 値を書き込む
  sheet.getRange("E3").setValue("test");
}
Comments:
Name: