補助ツール

ここで配布しているスクリプトも、konawikiと同じ、改変自由の修正BSDライセンスとします。自由に使ってください。

CotエディタのKonaWikiプラグイン

KonaWikiのデータベースをテキストに書き出す

Wikiのデータが手元にある場合「data/konawiki.db」と同じフォルダで、以下のPHPを実行します。すると、DBの中身がテキストファイルで書き出されます。

<?php
// konawikiのDBをテキストファイルに書き出す
mb_internal_encoding("UTF-8");
mkdir("./text");
$db = new PDO("sqlite:./konawiki.db");
$stmt = $db->query("select * from logs");
while($r = $stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC)){
  //print_r($r);
  $name = $r["name"];
  $body = $r["body"];
  $fname = "text/".urlencode($name).".txt";
  echo $name . "---" . $fname . "\n";
  file_put_contents($fname, $body);
}
echo "ok.";

Google Chrome拡張機能「URLからページタイトル取得」

URLからページタイトルの一覧をつけたリンク記法を作成できます。

SQLite2 → SQLite3 へアップデート

最新のkonawikiは、SQLite3に対応しています。旧バージョンのDBをSQLite3に対応させるには...(Windows環境にて)

sqlite.exe / sqlite3.exe を、sqlite のページから入手し、以下のバッチファイルと同じディレクトリにコピー。

file: sqlite2to3.bat

del tmp.sqlite
del tmp.sqlite3
del tmp.txt
copy %1 tmp.sqlite
sqlite tmp.sqlite ".dump" > tmp.txt
sqlite3 tmp.sqlite3 ".read tmp.txt"
copy tmp.sqlite3 "%1.sqlite3"
pause

ただし、上記がうまくいかない場合もあります。その際は、編集ページを出して、「インポート」「エクスポート」を試してみてください。sqlite2で使っていたwikiに、action/export.inc.php をコピーすると、古いKonawikiのページでも、データをエクスポートできます。

既存のWIKIページを別のWIKIページへ飛ばすスクリプト

既存のWIKIページのindex.phpを下記に差し替え。「***」の部分を書き換えてください。

<?php
// クエリーを取得
$q = $_SERVER['QUERY_STRING'];
// 新しいページのURLにクエリーを付けてアクセス
$uri = "http://***.com/***/index.php?{$q}";
header("Location: $uri");
echo <<< EOS
<html><head>
<meta http-equiv="refresh"
         content="秒数;URL=$uri">
</head><body>
<a href="$uri">$uri</a>
</body></html>
EOS;