Anker Nebula Capsuleを使い倒す (2018-11-01)

Anker Nebula Capsule Proを入手したので、使い倒してみます。

普通にプロジェクターとして使う *

もちろん、普通のプロジェクターとして、HDMI端子にPCをつないで使うこともできます。

あと、ワイヤレスディスプレイとして使えます。ホームから、[設定 > 一般 > ミラーリング]と行くと、ミラーリングの画面がでます。後は、iPadやiPhoneなどで、画面をミラーリングできます。

ちなみに、iPadなどの端末では、右上から左下へ指をスライドして出る画面で「ミラーリング」をタップし、「Nebula-xxx」をタップ。

Androidなので便利だが、Play Storeがない *

とは言え、Nebula CapsuleはAndroidなので、単体でも十分楽しめます。ただし、GoogleのPlay Storeは搭載されていません。そのため、アプリ(APKファイル)をダウンロードしてきて、インストールすることで、Nebulaでも好きなアプリを使えます。

APKファイルを入手するには、Android端末からAPKをコピーしてくる方法と、APKのダウンロードサイトがあるので、そこからダウンロードする方法があります。簡単なのは、後者でしょうか。

以下のサイトを参考に、APKファイルをダウンロードして、USBメモリにコピーします。そして、NebulaにUSBを差し込んで(買った時についてきた変換プラグを利用)、ファイルマネージャーからUSBメモリの中のAPKを選択すると、インストールできます。

FTPサーバーをインストールしたら後はネット越しにファイルをコピー *

ちなみに、上記の方法でAndroidのFTPサーバーなどをインストールしておけば、FTPサーバーに好きなファイルを送り込んで、手軽にアプリをインストールできます。

もちろん、再生したいビデオや写真や音楽を送り込んで再生もできます。いやはや、これは便利です。

NebulaでFTPサーバーをオンにしたら、PCのFileZillaを起動し、NebulaのIPアドレスとユーザー名とパスワードを入力します。すると、PCからNebulaにファイルが手軽に転送できます。

SSHでつないで遊ぶ *

なお、FTPサーバーと同作者のSSHサーバーもインストールしてみたけど、セキュリティ的に問題(SSH-DSSを使用している)があるため、手軽にmacやwinから接続できなかったです。

macOSやLinuxで無理矢理接続するには、~/.ssh/configファイルをエディタで開き、下記を追記します。(xxのところを書き換えます。)

Host 192.168.xx.xx
	HostKeyAlgorithms +ssh-dss

「df -h」コマンドで見てみたら、/data以下に11GBの領域があり、そこにいろいろデータを配置して遊べそうです。

SSHがつなげたら、大抵何でもできますね。最初から、lsやdf、pingが使えるのはもちろん、curlコマンドなどがインストールされていました。これで、ssh経由でファイルのダウンロードもできますね。/system/binディレクトリにコマンド一覧があります。なお、/storage/emulated/0がホームディレクトリでした。

VPNアクセスもOK *

海外にいて、日本の何かを見たい場合、VPNを使うことになりますが、NebulaでVPNも使えます。上記の方法で、OpenVPNもインストールするだけです。さすが、Androidです。便利。

SurfaceGoを買って開発環境を整えるまで (2018-10-22)

マイクロソフトのSurface Goを買ったので、いろいろ開発環境をセットアップしました。その軌跡をメモ。

購入について *

Surface Go、単体ではキーボードも何もないタブレットです。そのため、キーボードとセットで買いましょう。加えて、USB Type-Cなので、ディスプレイ出力したかったり、USBメモリを読み込みたかったり、もろもろUSB機器を使う人は、USBの変換アダプタは必須です。ちなみに、Type-CからUSB Aへの変換は、100円ショップにも売っているアダプタで十分使えました。

なお、上位モデルでもストレージは、128GBしかないので、128GBのmicroSDカードを購入。以下のmicroSDカード無事使えました。

Sモードを解除 *

とにかく、Sモードを解除して自由の身に。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4456067/windows-1..

VirtualBoxをインストール *

Linux使う機会が多いので、VirtualBoxを入れます。WSL(Windows Subsystem for Linux)も入れましたが、意味不明なエラーがよく出たので、安定しているVirtualBoxを使うことに。

https://www.virtualbox.org/~

続く *

続く。