サイトのSSL対応 (2017-03-25)

ここ二日で、ようやくWebサイトのSSL(HTTPS)対応を実践しました。なかなか、うまくいかない問題もあり、結構時間かかりました。

このサイトは、ほとんどKonaWikiで作っているので、KonaWikiの更新が必要でした。

海外製のAndroidを日本語にする方法 (2017-03-19)

海外で買ってきた格安のAndroidを使っているのですが、日本語に切り替えることができません。無理矢理切り替える方法をメモっておきます。

  • Play Storeで「More Locale2」をインストール
  • 設定で、開発者モードを有効にして、端末のUSB Debugをオンに
  • Android SDKをインストール
  • adbシェルでMore Locale2に権限を与える
$ ./adb shell pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

VagrantでUbuntuをインストール (2017-03-21)

開発環境の構築のために、Vagrantを利用して、Ubuntuをインストールする手順を紹介します。

手順 *

  • (1) VirtualBoxをインストール
  • (2) Vagrantをインストール
  • (3) vagrantコマンドを実行して、Ubuntuをインストール

(1)と(2)VirtualBoxとVagrantのインストール *

以下のULRからVirtualBoxとVagrantをダウンロードし、インストールします。

(3) コマンドを実行してUbuntuをインストール *

【Windows】の場合:

コマンドプロンプトを起動し、以下のコマンドを実行します。

> mkdir ubuntu
> cd ubuntu

Windowsの64bit版を利用している場合、以下のコマンドを実行します。

> vagrant init ubuntu/xenial64
> vagrant up --provider virtualbox

Windowsの32bit版を利用している場合、以下のコマンドを実行します。

> vagrant init ubuntu/xenial32
> vagrant up --provider virtualbox

トラブルシューティング *

以下のようなエラーが出て、うまくインストールが完了しなかった場合、ハードウェア仮想化をオフに設定する必要があります。この場合、64bit版の方でも、32bit版をインストールしてください。

VT-x is not available (VERR_VMX_NO_VMX).

そして、以下のコマンドを実行して、ハードウェア仮想化をオフに設定します。

> cd "C:\Program Files\Oracle\VirtualBox"
> VBoxManage modifyvm (VMの名前) --hwvirtex off
> VBoxManage modifyvm (VMの名前) --vtxvpid off

このとき、VMの名前は、VirtualBoxの管理画面を開き、仮想マシンを選び、右クリックして[設定]メニューをクリックします。そして、[基本 > 一般 > 基本 > 名前]にあるのでコピーします。

仮想環境のバッティングに注意 *

また、当然と言えば、当然ですが、複数の仮想環境を同時に利用することはできません。例えば、VirtualBoxを利用していると、Docker for Windowsが使えませんし、Docker for Windowsを利用していると、VirtualBoxが利用できないことがあります。

【macOS】の場合: *

ターミナル.appを起動し、以下のコマンドを実行します。

$ mkdir ubuntu
$ cd ubuntu
$ vagrant init ubuntu/xenial64
$ vagrant up --provider virtualbox

メモ *