マイクロソフトのSurface Goを買ったので、いろいろ開発環境をセットアップしました。その軌跡をメモ。

購入について *

Surface Go、単体ではキーボードも何もないタブレットです。そのため、キーボードとセットで買いましょう。加えて、USB Type-Cなので、ディスプレイ出力したかったり、USBメモリを読み込みたかったり、もろもろUSB機器を使う人は、USBの変換アダプタは必須です。ちなみに、Type-CからUSB Aへの変換は、100円ショップにも売っているアダプタで十分使えました。

なお、上位モデルでもストレージは、128GBしかないので、128GBのmicroSDカードを購入。以下のmicroSDカード無事使えました。

Sモードを解除 *

とにかく、Sモードを解除して自由の身に。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4456067/windows-1..

VirtualBoxをインストール *

Linux使う機会が多いので、VirtualBoxを入れます。WSL(Windows Subsystem for Linux)も入れましたが、意味不明なエラーがよく出たので、安定しているVirtualBoxを使うことに。

https://www.virtualbox.org/~

続く *

続く。